「お父さんが好きだからしょうがない?」・・・いいえ、そんな人もそうでない人も日頃の感謝を込めて父の日には
プレゼントを贈りましょう。「でもどんな贈り物がいいの?」・・・そんなあなたのお手伝いするのがこのサイトの目的です。


父の日っていつ?


千趣会イイハナ・ドットコムの父の日特集はこちらから

父の日プレゼント突然ですが、問題です。
母の日は5月の第2日曜日ですが、父の日はいつでしょう?

父の日とは、お父さんに対し、感謝と尊敬の気持ちを表わす日。日本では、勤労感謝の日もありますよね。だから、母の日の二番煎じのような気がして。バレンタインデーに対抗したようなホワイトデー、そんな感じにも思われてしまう父の日。意外と忘れがちですよね。

さて、父の日はいつ?・・・正解は、6月の第3日曜日です。

母の日に比べ、いささか知名度が低いとされる父の日。でも、アメリカでは、母の日同様、国民の祝日なんです。日本や他の国も、アメリカにならって6月の第3日曜日のところが多いのですが、国によって1月〜12月と、様々です。台湾は「パパ」だから、8月8日だそうですよ。

父の日にも、由来があります。
アメリカ・ワシントン州に、ジョン・ブルース・ドットという人がいました。
自分の父親の誕生日に、教会の牧師さんに「父の日礼拝」をお願いしたのが由来だとか。その頃には、5月の第2日曜日は母の日として、祝日が存在していました。しかし、ドットさんのお母さんは、幼少期になくなっていました。

男手一つで育てられたドットさん。母の日と同じように、自分を育ててくれた父親に感謝の気持ちをこめて、なき父のお墓に白いバラをささげたのです。だから今でも、アメリカでは、父の日=バラなのだそう。1972年には、アメリカの国民の祝日に制定されています。

母の日の花といえば、アメリカも日本もカーネーションが主ですよね。
父の日の花は、アメリカではバラ。でも、日本では「お父さんにバラを贈る」というのは、あまり聞かれません。男性にお花を贈るという習慣も、日本では「ない」に等しいからかもしれせんね。
定番がないからこそ、お父さんの好きなものを贈ることが出来るのかもしれません。

父の日は、6月の第3日曜日です。お忘れなく。
 

e87.com(千趣会イイハナ)父の日特集


 

父の日プレゼント 〜お父さんが好きだからしょうがない〜 | お問い合わせ